スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↑ ここをクリックすると、マティーニがどんどん成長します・w・

第22話 初心者海賊の最後の修行
2009年05月23日 (土) | 編集 |
【ノーチラス 寝室】

quest22.jpg

マティーニ:すやすや・・・すやすや・・・。

ペンネ:おい、起きろ。朝だぞ。

マティーニ:・・・う~ん、もう少し寝かせてよぉ~・・・。

ペンネ:カイリンがお前を呼んでいた。早くいくぞ。

マティーニ:・・・えぇ~またぁ?カイリンはボクを呼び出し過ぎなんだよ・・・。

ペンネ:ぼやいてないでさっさと行こうぜ。

マティーニ:・・・は~い。


【ノーチラス 航海室】

quest22a.jpg

マティーニ:失礼しまーす。

カイリン:あら、マティーニ。よく来てくれたわね。調子はどう?

マティーニ:少し世界旅行の疲れが残ってる感じですけど、大丈夫です。ところで、用事って何ですか?

quest22c.jpg

カイリン:今までの修行にちゃんとついてきてくれてありがとう。結構海賊らしくなってきたんじゃない?

マティーニ:う~ん、海賊らしいかどうかはわからないけど、銃の扱いはけっこう上達したような気がします。あと、足も速くなりました。

カイリン:ふふっ。じゃあ、あなたが本当に海賊になれたかどうか、最後のテストをしてみようかしら。

マティーニ:ええっ?最後のテスト!?お、お手柔らかにお願いします・・・。

カイリン:テストが怖い?もう一人前の海賊になろうって人が、このくらいのテストで怖がってちゃだめよ?

マティーニ:このくらいって、まだ何も聞いてないんですが・・・。

カイリン:テストは簡単よ。 緑キノコ10匹を倒してみて。

マティーニ:・・・えっ?たったそれだけですか?今までより簡単な気が・・・。

カイリン:緑キノコは今までの相手より強いから、油断は禁物よ。でも、だからってそんなに心配しすぎる必要はないわ。あなたはもう、緑キノコと対等に戦えるくらい、強くなっているんだもの。

マティーニ:えっと、その緑キノコはどこにいるんですか?

カイリン:じゃあ、頑張ってね。

マティーニ:えっ?あ、あの・・・緑キノコの居場所を教えて欲しいんですけど・・・。

ペンネ:緑キノコはエリニアの木の中にたくさんいる。俺が案内してやるよ。

マティーニ:ありがとう。じゃあ、最後のテストだし、気合入れて行こうか♪でも、その前に朝ごはんだね♪腹が減っては戦ができぬ、だよ♪

ペンネ:悪いがお前の朝ごはんはもう俺の腹の中だ。残念だったな。

マティーニ:・・・えっ?ええっ!?ペンネ、今なんて言ったの!?

ペンネ:お前の朝ごはんは俺が代わりに食ってやった。昨日の春巻きの仕返しだ。アゾンから10個ももらったくせに一人で全部食べやがって。ざまあみろ。

マティーニ:ひ・・・ひどいよペンネ。それはひどすぎるよ・・・。ううっ・・・。


【エリニア 南の森:木のダンジョン2】

quest22b.jpg

ペンネ:着いたぞ。あれが緑キノコだ。

マティーニ:お腹空いたよぅ・・・こんなんじゃ力が出ないよぅ・・・。

ペンネ:10匹ぐらい楽勝だろ?さっさと退治して戻ればいいじゃねぇか。

マティーニ:うわあああん!!ペンネのせいでお腹ペコペコだよー!力が出ないよー!!

ペンネ:ふん・・・自業自得だ。

○○○:おやおや?何を泣いてるんだい?

quest22g.jpg

マティーニ:ううっ・・・ペンネにボクの大事な朝ごはん食べられちゃって、力が出ないんです・・・。

鬼ケ島:そうか・・・かわいそうに・・・。

マティーニ:ううっ・・・お腹空いたよぅ・・・。

鬼ケ島:僕の髪の毛で良かったら、食べるかい?

quest22h.jpg

マティーニ:嫌です。気持ち悪い。なんか汗ついてるし。

鬼ケ島:栄養たっぷりだよ?

ペンネ:他人に自分の髪の毛を食べさせようなんて、変態の極みだな。

鬼ケ島:ううっ・・・そこまで言わなくても・・・。これでもボクは緑の妖精なんだよ?

マティーニ:緑の妖精・・・?ペンネ、そんな妖精いるの?

ペンネ:知らん。聞いたことがないな。

鬼ケ島:無理もないさ。僕は滅多に人の前に姿を現さないからね。・・・よし、じゃあこのスイカならどうだい?これなら食べられるよね?

quest22i.jpg

マティーニ:それなら食べられるけど・・・毒とか入ってないよね?

鬼ケ島:僕の目を見てごらん・・・これが悪者の目に見えるかい?

マティーニ:・・・ペンネ、怪しいよね?

ペンネ:かなりな。

鬼ケ島:・・・。いいさいいさ。どうせ僕は泣いている少年にも疑われるダメ妖精さ・・・。

マティーニ:う~ん・・・そうこられると弱いなぁ・・・。じゃあ一口だけ食べてあげるよ。・・・モグモグ。・・・!?嘘っ!?けっこう美味しいよ!

鬼ケ島:でしょ?これで僕が緑の妖精だってことを信じてくれたかな?

マティーニ:モグモグ・・・うん!信じてあげる!緑の妖精さん、ありがとう♪

鬼ケ島:いいんだよ。泣いてる子を助けるのが僕の役目だからね。じゃあ、僕はこれで失礼するよ。タッタッタッ・・・。

quest22j.jpg

マティーニ:・・・普通に走ってったね。

ペンネ:・・・人間臭い妖精だったな。まぁ、気を取り直して早いとこ緑キノコ退治しようぜ。

マティーニ:うん。そうする。・・・バンバン!バンバン!バンバン!バンバン・・・。


【ヘネシス 東の森】

quest22d.jpg

マティーニ:緑キノコ10匹なんて、あっという間だったね♪

ペンネ:これが最後のテストとは、カイリンも甘いな。俺なら最低1000匹にするぜ。

マティーニ:1000匹はちょっとハード過ぎるよ・・・ん?・・・ねぇペンネ、あそこに倒れてるのってさっきの緑の妖精さんじゃない?

ペンネ:・・・どうやらそのようだな。

マティーニ:ちょっと行ってみようか。

quest22k.jpg

鬼ケ島:・・・ううっ。・・・体が乾いて力が出ない・・・。

マティーニ:・・・あの~、緑の妖精さんだよね?こんなところで何してるの?

鬼ケ島:・・・ハァハァ。やぁ、君はさっきの。・・・ハァハァ。ちょっとお願いがあるんだけど、聞いてもらえるかな?

マティーニ:いいけど・・・何のお願い?

鬼ケ島:・・・ハァハァ。僕にねばねばした液体を持ってきてくれないかな?・・・1個でいいんだ。頼む・・・。

マティーニ:ねばねばした液体ならいくつか持ってるよ。これのことだよね?はい、どうぞ。

quest22l.jpg

鬼ケ島:おお、ありがたい!助かるよ・・・ジュルジュルッ。

マティーニ:・・・。(うわぁ・・・。あんなねばねばしたのを食べるんだ・・・。気持ち悪いなぁ・・・。)

鬼ケ島:ジュルジュルッ・・・ゴックン。・・・ぬおおおおおおっ!元気100倍!鬼ケ島ァ!!!

マティーニ:・・・。(何言ってんのこの妖精・・・。)

ペンネ:・・・。(なんか殺したくなってきたぜ。)

鬼ケ島:ありがとう君達!助かったよ!いやぁ、世の中やっぱり助け合いだよねぇ♪

マティーニ:いえ・・・どういたしまして。

鬼ケ島:お礼に僕の髪の毛を一本あげるよ。では、心優しい少年とペンギン君!また会おう!タッタッタッ・・・。

quest22m.jpg

マティーニ:・・・ほんとに妖精なのかな?

ペンネ:・・・ただの変態だと思うぜ。

マティーニ:この髪の毛みたいなのどうしよう?

ペンネ:なんか触ると汚染されそうだよな。そのまま置いておけよ。

マティーニ:・・・うん。じゃあカイリンのところに戻ろうか。


【ノーチラス 航海室】

quest22e.jpg

マティーニ:失礼します。マティーニ、ただいま戻りました。

カイリン:あら、お帰りなさい。ちゃんと課題はクリアできた?

マティーニ:はい。途中で変な妖精に遭遇しましたけど、ちゃんと言われた通り緑キノコを退治してきましたよ。

カイリン:ふふっ。緑キノコ10匹、倒せたようね。あなたならきっとできると思ってたわ!

quest22f.jpg

マティーニ:えへへ♪

カイリン:これは課題をクリアした報酬よ。持って行きなさい。

マティーニ:白い薬50個と青い薬50個と・・・帰還の書10個ですか。ありがとうございます。最後もやっぱり報酬は薬なんですね・・・。

ペンネ:薬は狩りで必ず使うからいいじゃねぇか。

マティーニ:まぁ、そうなんだけどね。でもなんか味気ないというか・・・。ところでカイリン、最後のテストもクリアしたし、これでもうボクは一人前の海賊なんですよね?

カイリン:そうね。でも、まだまだ海賊の道は始まったばかりよ。これから先は長くて大変な道になると思うけど、怖がらずに敵に堂々と立ち向かう勇気を持っていれば大丈夫!

マティーニ:勇気かぁ・・・。勇気ってどうやって身につければいいんだろう・・・。

ペンネ:恐怖を乗り越えた先にあるのが勇気ってもんだ。カイリンの言った通り、ちゃんと恐怖に立ち向かっていけば自然に身につくだろう。

マティーニ:なんだか自信ないなぁ・・・。

ペンネ:じゃあもう修行の旅をやめて、ノーチラス号でのぬるま湯生活に戻るか?

マティーニ:・・・いや、これからも頑張って修行の旅に出るよ。カイリンの修行はこれで最後だけど、ボクの修行はまだ始まったばかりなんだから。

ペンネ:・・・お前もなかなか言うようになったな。少し見直したぜ。

マティーニ:えへへ♪もちろん、ペンネも一緒について来てくれるよね?

ペンネ:あぁ。これからもお前のことを鍛えてやるよ。あくまで俺の隠居生活のためだけどな。しっかり稼げるようになれよ。

マティーニ:ありがとうペンネ!ボク、いっぱい頑張るよ!これからもよろしくねっ♪

ペンネ:おう。よろしくな。相棒。

quest22n.jpg



(* ̄∇ ̄)っ【つづく】

鬼ケ島さんは、実際には↑の小説のような人ではなく、自分の考え方をしっかり持った優秀な人です。メイポ内で見かけても石を投げないであげてくださいね。


↑ ここをクリックすると、マティーニがどんどん成長します・w・

第23話 マパの依頼
2009年05月30日 (土) | 編集 |
【ノーチラス 食堂】

quest23.jpg

マティーニ:タンユン!お腹すいたー!何か作ってー!

タンユン:クム?おお、マティーニか。ちょうどいいところにきたな。ちょうどピザが焼けたところだ。

マティーニ:わーい♪焼きたてのピザだ♪いっただっきまーす!もぐもぐ・・・美味しい♪

ペンネ:むしゃむしゃ・・・いつもと同じ味なんだが、うまいな。

タンユン:はっはっは。ところでお前達、カイリンの修行を最後まで終えたらしいな。よく頑張ったじゃないか。

マティーニ:もぐもぐ・・・うん♪カイリンがやっとボクのことを一人前の海賊として認めてくれたんだ♪

ペンネ:むしゃむしゃ・・・俺から見ればまだまだ未熟者だけどな。

マティーニ:うー、いいもん。いつかペンネにも「一人前になったな」って言わせてやるからねっ!

タンユン:はっはっは。その調子でこれからも頑張るんだぞ。

マティーニ:うん♪色んな人の依頼をたくさんこなして、もっともっと強くなるぞー♪

ペンネ:むしゃむしゃ・・・ふむ。依頼をたくさんこなすなら、カニングシティーに行くといい。

マティーニ:もぐもぐ・・・カニングシティーってどんなとこだっけ?

ペンネ:カニングシティーは、盗賊のアジトのようなところだ。そこにネーラという情報屋がいる。そいつに依頼を紹介してもらおうぜ。むしゃむしゃ・・・ごちそうさん。

マティーニ:盗賊かぁ・・・盗賊にはあんまり良い思い出ないけど、いつまでも引きずってちゃだめだよね。よし、じゃあその人に会いにいこう!もぐもぐ・・・ごちそうさまっ♪じゃあタンユン、行ってくるね!

タンユン:クム。気をつけてな。


【カニングシティー カニングシティー】

quest23a.jpg
 
マティーニ:わぁ・・・。なんか荒れた感じの村だねぇ・・・。

ペンネ:荒れているほうが、盗賊達は仕事がしやすいんだろう。

マティーニ:なんか怖いなぁ・・・絡まれないように気をつけよう・・・。

ペンネ:海賊が盗賊に怯えてどうすんだよ。もっと堂々としろよな。

マティーニ:そうはいってもねぇ・・・。怖いもんは怖いよ・・・。

ペンネ:とりあえず、ネーラところに行くぞ。確かあっちの方にいるはずだ。ついてこい。

マティーニ:怖い人に狙われませんように・・・。

quest23b.jpg

ペンネ:あの女がネーラだ。

マティーニ:けっこう可愛い子だね♪情報屋って聞いてたからもっと怖いの想像してたよ。

ネーラ:今日もこの町の人々から依頼をたくさんもらってね~大変!誰か代わりに解決してくれないかな~。

quest23c.jpg

マティーニ:こんにちは♪君がネーラだよね?

ネーラ:あれ?旅の人?私が知らない人はこの村にいないからすぐに分かるんだー。私はこの村一番の情報通と云われる ネーラ。この村のことなら何でも知ってるよ。

マティーニ:ボクと同じぐらいの歳に見えるのに、村一番の情報通だなんてすごいなぁ♪

ネーラ:1000 メルさえ払えばこの村の人々のあらゆる情報を集めてあなたに伝えるからね。つまり誰かの助っ人になれるように紹介するって話!どう?やってみる?

マティーニ:えっ?お金取るの?

ペンネ:当たり前だ。情報は金になるんだ。なんでも都合良くタダで教えてもらえるわけないだろう。

マティーニ:そうなんだ。・・・なら仕方ないね。はい、1000メル。

ネーラ:うん!確かに1000 メルは貰ったよ。信用第一だから安心してね。え~と、今至急の依頼があるからお願いしていい?

マティーニ:うん、いいよ。どんな依頼なの?

ネーラ:この村で防御具の店をやっている マパ さんが新しい防御具を作るために変わった材料を集めてるんだって。緑キノコの傘 50個バブルリングのしずく 50個が要るなんだって。あんたなら容易いことでしょう?もちろんお礼もたっぷりすると約束したから心配しないでね。

マティーニ:なんか大変そうだなぁ・・・。バブルリングのしずくなんてボク知らないし・・・。

ペンネ:バブルリングはこの村の地下に大量発生しているモンスターだ。容易くはないかもしれんが、なんとかなるだろう。

ネーラ:では集めたらまた私の所に来てね。頑張ってー!

ペンネ:ほら、さっさと行くぞ。

マティーニ:うん。よーし、頑張るぞっ!


【地下鉄 1号線-1区】

quest23f.jpg

ペンネ:着いたぞ。こいつらがバブルリングだ。

マティーニ:すごいたくさんいるんだね・・・。間合いちゃんと取れるかなぁ・・・。

ペンネ:からすみたいに飛んでくるわけじゃねぇんだから楽勝だろ。さぁ、頑張ってバブルリングのしずくを50個集めようぜ。

マティーニ:うん・・・あれ?何か向こうの方に人影が見えたんだけど・・・。誰かいるのかな?

○○○:・・・カカカカカカッ!カカカカカカッ!

マティーニ:・・・この音なんか聞き覚えあるよ?・・・。嫌な予感がする・・・。

quest23e.jpg

マティーニ:・・・。(思い出したくなかったのに・・・。)

ペンネ:この音はシーフのサベッジスタブの音だ。おそらく奥に斬り族がいるんだろうな。

マティーニ:・・・。ペンネ、やっぱり今日は帰ろう。ボク疲れちゃった。

ペンネ:せっかくここまで来ておいて帰るバカがどこにいるんだよ。さぁ、さっさとしずくを集めるぞ。

マティーニ:・・・嫌だよ!ボクは帰るんだっ!!

○○○:・・・あっれ~?そんなところで何してんの~?

quest23k.jpg

ペンネ:俺達はネーラの依頼でバブルリングのしずくを集めにきた。お前こそ、ここで何をしているんだ?

澪流石:お前達を待っていた・・・な~んてね♪バブルちゃんと戯れるのがあたしの日課なんだ~♪どう?君達も一緒に戯れとく?

マティーニ:ボクは盗賊なんかと一緒に狩りたくない。

澪流石:え~?なんで~?・・・あ、もしかしてあたしがこんな格好だから照れてるとか?ニヒヒ♪

マティーニ:ち、違うよっ!・・・盗賊は平気で人を騙すんだ。そんな奴らと一緒に狩るなんてごめんだね!

ペンネ:・・・お前まだあの時のこと引きずってるのかよ。・・・いいか?あいつが盗賊だったからお前を騙したんじゃなくて、あいつがあいつだったからお前を騙したんだ。そこら辺勘違いしたままだと、この先色々と面倒だぞ?

マティーニ:・・・わかってるよそんなことぐらい!でも、あの時騙されたボクの辛さはペンネにはわからないんだよ!ううっ・・・。

澪流石:う~ん、あたしこーゆー雰囲気苦手なんだよなぁ・・・。何があったか知らないけどさ、あたしは人を騙したりなんてしないよ♪

マティーニ:・・・。

澪流石:ほらほら、大丈夫だから。一緒にバブろう?きっと新しい世界が見えるよ?

マティーニ:・・・少しだけだったら。

澪流石:イェーイ♪これで君もバブル族の仲間入りだね~♪さぁ、ヘイストをかけてやろう・・・♪

quest23d.jpg

マティーニ:・・・あれ?なんか急に体が軽くなった気が・・・。

ペンネ:盗賊のスキルの「ヘイスト」の効果だ。動いて見ればわかる。

マティーニ:・・・うわぁっ!すごく高くジャンプできる!

澪流石:楽しいでしょ~♪慣れてくるともっと楽しいよん♪

マティーニ:すごいすごい!これおもしろいよ!トランポリンみたい♪

ペンネ:楽しむのもけっこうだが、俺達はバブルリングのしずくを50個集めにきたんだからな。

マティーニ:あっ、そういえばそうだった。忘れそうになってたよ。えへへ♪

澪流石:じゃあ、あたしがバブルちゃんと戯れるからさ、君達は落ちてるしずくを集めまくれば?

ペンネ:いいだろう。遠慮なく拾わせてもらうぜ。

マティーニ:よーし!頑張って集めるぞー♪

澪流石:えいえいおーっ♪

ペンネ:・・・。(こいつなら前のコスプレ女と違って信用できそうだな。)

quest23l.jpg

澪流石:・・・寄らば斬る!シュン、スパッ!

マティーニ:つ、強い・・・。

澪流石:行けっ!半蔵!佐助!小太郎!八重!影丸!ちゃ~んとツッコミ入れて来ンのよ!!

マティーニ:・・・ツッコミって何?

ペンネ:漫才で行う暴力的な行為のことだ。

マティーニ:う~ん・・・よくわからないや。

ペンネ:お前はわからなくていいと思うぞ。

澪流石:あーたたたたたたたたたっ!ほあたぁっ!

quest23i.jpg

澪流石:お前はもう死んでいる・・・な~んちゃって♪

マティーニ:・・・。(何か変わった人だなぁ・・・。)

ペンネ:そろそろ50個集まったんじゃないのか?

マティーニ:えっと・・・うん。50個集まったよ。

澪流石:あーたたたたたたっ・・・あれ?どうしたの~?もう終わっちゃったの~?

ペンネ:あぁ。お前のおかげで早く集まった。ありがとな。

澪流石:えぇ・・・マジで?バブル天国はこれからが本番なのに?

マティーニ:ボク達はこれから緑キノコの傘も集めに行かないといけないんだ。

澪流石:残念だな~・・・せっかくバブ友が出来たと思ったのに。ところで君、名前なんてったっけ?

マティーニ:ボクの名前はマティーニ。こっちのペンギンはペンネだよ。君は?

澪流石:貴様に名乗る名などないわっ!

マティーニ:ええっ!?自分だけ聞いといてそれはないよっ!

澪流石:う~ん、30点ぐらいかな~。もっとツッコミの練習しておいてよねっ♪

マティーニ:はぁ・・・よくわからないけど頑張ります。

澪流石:よろしい♪とりあえず、マティーニ君。盗賊に対する疑いはちゃんと取れたかな~?あたし君のことを騙したりなんかしなかったでしょ?

マティーニ:うん・・・。疑ってごめんなさい・・・。

澪流石:気にしない気にしない♪悩める少年の手助けが出来てあたしも嬉しいから♪

マティーニ:・・・君は良い盗賊なんだね。手伝ってくれてありがとう♪・・・それで、名前は?

澪流石:まずお前から名乗れ。

マティーニ:さっき名乗ったばっかりじゃないかっ!

澪流石:う~ん、もっとひねりが欲しいな~。これも30点だね。

ペンネ:・・・くだらん漫才してる暇があったら、さっさと行くぞ。次は緑キノコだ。

マティーニ:あっ、待ってよペンネ!・・・優しい盗賊さん、本当にありがとう♪今度会ったら名前教えてよね!じゃあ、さよならっ!

澪流石:あたしの名前は澪流石だよーん♪また一緒にバブろうねー!

quest23j.jpg



(* ̄∇ ̄)っ【つづく】

澪流石さんは、実際には↑の小説のような人ではなく、落ち着いた雰囲気を持った親しみやすい人です。メイポ内で見かけても石を投げないであげてくださいね。


↑ ここをクリックすると、マティーニがどんどん成長します・w・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。