スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↑ ここをクリックすると、マティーニがどんどん成長します・w・

第2話 旅立ち
2009年01月03日 (土) | 編集 |
【ノーチラス 寝室】

quest2.jpg

ペンネ:おい。いい加減起きろ。もうとっくに朝だぞ。

マティーニ:う~ん・・・あと5分~あと5分だけ寝かせてよ~。

ペンネ:だらしがないやつだな。つっついてやる。コツン。コツン。

マティーニ:いたっ!いたたたたっ!いきなり何するんだよ!

ペンネ:目が覚めたか?

マティーニ:・・・もうちょっと優しく起こして欲しいなぁ。

ペンネ:本当は目をつっつくつもりだったところを、わざわざ頭に変えてやったんだ。ありがたく思え。

マティーニ:目をつっつかれたらシャレになんないって!全く・・・とんでもないペンギンだよ。

ペンネ:もしまた寝坊したら今度こそ目潰しにするからな。さぁ食堂に行くぞ。俺は腹が減ってるんだ。

マティーニ:ちゃんと起きるように頑張るから目潰しだけは勘弁してよね・・・。とりあえず食堂行こうか。


【ノーチラス 食堂】

quest2a.jpg

ペンネ:タンユン、マティーニを起こしてきたぞ。

タンユン:ごくろうだったな。報酬の伊勢海老だ。

ペンネ:おう。もらっておくぜ。むしゃむしゃ。

マティーニ:ねぇねぇ、ボクのご飯は?

タンユン:ほら、お前の分はそこにおいてある。特性キノコラーメンだぞ。

マティーニ:おいしそう!いっただっきまー・・・!?

ペンネ:もぐもぐ。これはママシュ産の味噌風味だな。素材が良いだけあってうまい。

マティーニ:こらぁ!それボクのだぞ!勝手に食べないでよ!くそぅ、もぐもぐ・・・。

タンユン:仲良くやっているようだな。その調子ならこれから先も安心だ。

マティーニ:くそぅ、半分しか食べれなかったよ・・・。

ペンネ:ごちそうさん。さて、そろそろ行くぞ相棒。一番目の修行ぐらいサクっと終わらせてやろうぜ。

マティーニ:ちぇっ。じゃあ行ってきまーす。ごちそうさまでしたっ!


【ヘネシス 東の森】

quest2b.jpg

マティーニ:ノーチラスから出るの久しぶりだなぁ。いつもは守ってくれる誰かがそばにいたんだけど・・・。はぁ、だんだん怖くなってきたよ・・・。英雄テストネン様、どうかボクをお守りください。

ペンネ:おい、もたもたするな。ピグはもう少し先の農場にたくさんいる。さっさとついてきやがれ。

マティーニ:あ、ピグいたよ!ドキドキ・・・さっそく退治するね!バン!バン!

quest2c.jpg

マティーニ:やったぁ!倒せたよ!ボク初めて自分の力でモンスターを倒せたよ!よ~し、この調子でガンガン狩るぞ!バン!バン!

ペンネ:勝手な行動をするなバカ。この先に楽なブタ狩り場があるからそこで狩れ・・・っておい!勝手に進むな!ああっ!















quest2d.jpg

マティーニ:ペンネ~助けてよ~・・・。体がふわふわするよ~・・・。

ペンネ:大バカ野郎!こんな雑魚に殺されるやつなんか普通いねぇよ!まったく・・・先が思いやられるぜ。

マティーニ:ううっ・・・。ねぇ、どうすればいいの?どうすれば復活できるの?

ペンネ:しばらくしたら町に飛ばされるから待ってろ。ここだとヘネシスに飛ばされるだろうな。

マティーニ:ううっ・・・。不安だよ~・・・。このまま消滅してしまいそう・・・。

ペンネ:・・・しょうがねぇやつだな。ほらよ。ポチッ。

マティーニ:えっ?今何したの?ねぇ今何したの!?うあああああぁぁぁぁっ!


【ヘネシス ヘネシス】

quest2e.jpg

マティーニ:・・・あれ?ここは・・・ヘネシス?

ペンネ:そうだ。お前は無事復活した。さぁ、ぼけっとしてないでさっさと行くぞ。今度は勝手なことするなよ。

マティーニ:うん・・・わかったよ。調子に乗らないように気をつけるね。

ペンネ:今まで俺が手伝ってやった海賊達の中で、こんなに早く死んだのはお前が初めてだぜ。

マティーニ:うう・・・ノーチラスのみんなには秘密にしててね?

ペンネ:・・・お前本当に海賊か?まぁいい。秘密にしといてやるからさっさとついてこい。

マティーニ:ほんと頼むよ?こんなことみんなに知られたら、恥ずかしくてノーチラスにいられない・・・ってちょっと待ってよ~!ペンネ~!

quest2i.jpg



(* ̄∇ ̄)っ【つづく】


↑ ここをクリックすると、マティーニがどんどん成長します・w・

第3話 踏み出した第一歩
2009年01月10日 (土) | 編集 |
【ヘネシス 豚農場】

quest3.jpg

ペンネ:ほら、着いたぞ。

マティーニ:うわぁ・・・すんごいたくさんいる・・・。さすがにこんだけ多いとかなり臭うね・・・。

ペンネ:それぐらい我慢しろ。嫌ならさっさと課題をクリアして帰るんだな。

マティーニ:うん。そうするよ。・・・でもここって農場でしょ?このピグ達は家畜じゃないの?勝手に狩ったらまずくないのかな・・・?飼い主にバレだら大変なことに・・・。

ペンネ:安心しろ。大変なことになった奴なんて今まで一人もいない。細かいことは気にするな。

マティーニ:・・・ペンネを信じるよ?よ~し、今度は死なないように気をつけるぞっ!

quest3a.jpg

マティーニ:おっけー!ピグ11匹退治完了!ボクだってやればできるんだ!

ペンネ:安置から銃を打ってただけのくせに・・・。おめでたいやつだな。

マティーニ:初陣だったんだから、ちょっとぐらい勝利の余韻にひたらせてくれてもいいじゃないか~。

ペンネ:気がすんだならさっさと戻ろうぜ。ほら、これを使え。

帰還の書(ノーチラス)

マティーニ:・・・何これ?帰還の書?これを使えって・・・使ったらどうなるの?

ペンネ:お前ほんとめんどくさいやつだな!いいから使えよほら!ポチポチッ!

マティーニ:ああっ、何するのさ!うあああああぁぁぁぁぁっ!


【ノーチラス船着場 ノーチラス】

quest3b.jpg

マティーニ:・・・ハッ!?ここは・・・ノーチラス号の真上だ!もしかして、ワープしたの?

ペンネ:そういうことだ。次回から帰還書ぐらいは使いこなせるようになっとけよ。

マティーニ:うん!もう覚えたから大丈夫だよ!ペンネって色々知ってて頼りになるなぁ。

ペンネ:だろ?俺は頭が良いんだ。お前より数億倍な。もっと尊敬しろ。

マティーニ:うん!心の中で尊敬しておくからね!じゃあカイリンのところに行こう。


【ノーチラス 航海室】

quest3c.jpg

マティーニ:失礼します!マティーニただいま戻りました!

カイリン:あら。遅かったわね。ちゃんと課題はクリアできた?

マティーニ:もちろんですよ!あんなの楽勝でしたよ!

ペンネ:・・・。(一回死んだくせに。調子がいいやつだな。)

カイリン:ピグ 11匹を倒してきたのね。さすが!でもこの程度で満足してちゃ、まだまだ強くなれないわよ。これでやっと海賊としての第一歩を踏み出せたところなんだから。

quest3d.jpg

マティーニ:はい。これからも頑張ります!

カイリン:これは課題をクリアした報酬よ。持って行きなさい。

マティーニ:赤い薬30個と青い薬30個・・・。こんなにたくさんもらえるなんて、うれしいなぁ。でも、食べ物のほうがよかったなぁ・・・。

カイリン:文句を言わない。私はまだ優しい方よ。外の世界にはもっとケチな人がたくさんいるんだから。

ペンネ:ショーワのうみいとかポニチャイが有名だな。

カイリン:あら、ペンネじゃない。あなたがマティーニを手伝ってくれていたのね。助かるわ。

ペンネ:なかなか苦労したぞ。帰還書も知らないなんて、さすがに無知すぎるぜ。

マティーニ:無知だなんてひどいなぁ・・・これでもボクなりに頑張ったほうなんだよ?

カイリン:あら、無知は悪いことじゃないのよ?そこから全く新しい物が生まれることだってあるんだから。

ペンネ:そうだ。別にお前のことを悪く言ったつもりは少ししかない。

マティーニ:微妙な言い方だね・・・。まぁいいや。今日はありがとう。ペンネのおかげで助かったよ。

ペンネ:おう。気にするな。お前が強くなった時に、お前の稼ぎで俺を養ってくれたらそれでいい。

マティーニ:うん。頑張ってみるよ。だから・・・これからもよろしくね!

ペンネ:おう。よろしくな。

カイリン:とりあえず今回はここまで。また修行が必要そうだったら、声をかけるわ。その時まで、修行を怠らないようにね。

マティーニ:はーい♪

quest3g.jpg



(* ̄∇ ̄)っ【つづく】


↑ ここをクリックすると、マティーニがどんどん成長します・w・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。