スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↑ ここをクリックすると、マティーニがどんどん成長します・w・

第24話 アレックスの依頼
2009年06月06日 (土) | 編集 |
【エリニア 南の森:木のダンジョン2】

quest24a.jpg

マティーニ:ふぅ。やっと着いた。緑キノコの傘って何個集めるんだっけ?

ペンネ:50個だ。頑張ればすぐに終わるだろう。

マティーニ:うん。今度はあの変な妖精が出ませんように・・・。バンバン!バンバン!バンバン・・・。

○○○:・・・ス・・・モ・・・。

マティーニ:バンバン!バンバン!バンバン・・・ふぅ。これでやっと10個だ。50個なんてすぐ集まると思ってたけど、けっこう大変だねぇ。

ペンネ:この程度で弱音を吐くな。中国での鶏足集めと比べたら楽なもんだろ?

マティーニ:あの時は食べ物欲しさに頑張ったから、今とは状況が違うよ。・・・結局何ももらえなかったんだけどさ。

ペンネ:お前が相手の話をよく聞かないから悪いんだ。・・・ん?マティーニ、今何か聞こえなかったか?

マティーニ:えっ?別に何も聞こえないけど・・・。

○○○:・・・モ・・・ァ。

ペンネ:・・・いや、確かに何か聞こえた。・・・おそらく上の方だな。見に行くぞ。

マティーニ:・・・うん。

quest24b.jpg

oマーチテンo:モルスァッ!モルスァッ!

マティーニ:・・・。(また変なのが出てきた・・・。)

ペンネ:おい、お前何者だ?

oマーチテンo:モルスァッ!

ペンネ:俺の言葉がわかるか?わかるならここで何をしてるのか言え。

oマーチテンo:モルスァッ!

ペンネ:なるほど・・・森林浴をしているのか。

マティーニ:ええっ!?ペンネなんでわかるの!?

oマーチテンo:モルスァッ!モルスァッ!

マティーニ:ひぃっ!ごめんなさい!

ペンネ:ふむ・・・怖がることはない。こいつはどうやらギルドの仲間のようだ。

oマーチテンo:モルスァッ!

マティーニ:えっ?そうなの?ボクはてっきりあの変な妖精の仲間が出てきたのかと思ったよ。

oマーチテンo:モルスァッ!モルスァッ!

ペンネ:ほう、俺達の依頼を手伝ってくれるのか。助かるぜ。

マティーニ:それは嬉しいんだけど・・・この人なんで「モルスァッ」しか言わないの?

oマーチテンo:モルスァッ!!モルスァーッ!!

マティーニ:ひぃぃっ!ごめんなさいっ!

ペンネ:特殊言語「モルスァ」における対人コミュニケーションが人類に及ぼす平和への限界点を見極めるためらしい。

マティーニ:・・・えっ?全然意味がわからないんだけど・・・。

oマーチテンo:モルスァーッ!!

マティーニ:ひぃぃっ!ごめんなさいごめんなさいっ!

ペンネ:まぁ、そういうことだ。こいつと協力して緑キノコの傘を集めるぞ。

oマーチテンo:モルスァッ!

quest24c.jpg

oマーチテンo:モルスァッ!

ペンネ:ほう・・・ポイズンミストか。絶滅危惧種と言われる火毒魔とこんなところで会えるとは運が良いな。

マティーニ:・・・ゴホッ!ゴホッ!この臭い霧どうにかならないの!?ゴホッ!

ペンネ:マティーニ、お前もよく見ておくといい。今の時代じゃ滅多に見ることのできない火毒魔の毒狩りだ。

マティーニ:ゴホッ!ゴホッ!なんで2人とも平気なのさ!?ゴホッ!

ペンネ:お前の修行が足りないからだ。

oマーチテンo:モルスァッ!

マティーニ:修行でどうにかなるとは思えない・・・ゴホッ!ゴホッ!あー、もうだめ!ボクは外に出るからねっ!ゴホッ!

ペンネ:全く・・・情けない奴だな。

oマーチテンo:モルスァッ!


【エリニア 南の森】

quest24d.jpg

マティーニ:ゴホッ・・・はぁはぁ。死ぬかと思ったよ・・・。臭過ぎてとても一緒に狩りなんてできないや。

oマーチテンo:モルスァッ!

マティーニ:うわぁっ!ごめんなさい!

ペンネ:マティーニ、緑キノコの傘は集め終わったぞ。

oマーチテンo:モルスァッ!

マティーニ:ええっ?もう集まったの?ボクには全然倒せてないように見えてたんだけど・・・。

ペンネ:ポイズンミストは緑キノコには効かないからな。お前が外に出た後、禁断魔法のメテオを使ってもらった。あっという間だったぞ。

マティーニ:ええっ?じゃあなんであの臭い霧まき散らしてたのさ?効果ないんだったら使う必要なかったんじゃないの?

oマーチテンo:モルスァーッ!

マティーニ:ひぃっ!嘘です!冗談です!

ペンネ:世の中意味のあることが全てじゃないんだ。いい勉強になっただろ?

マティーニ:はぁ・・・勉強になったような全然なってないような・・・。

ペンネ:さぁ、集めたアイテムをネーラに渡しにいこうぜ。・・・お前、テンちゃんとかいったな?手伝ってくれてありがとな。助かったぜ。

oマーチテンo:モルスァッ!

マティーニ:えっと・・・テンちゃん。手伝ってありがとう。じゃあ、またね。

oマーチテンo:モルスァッ!

ペンネ:また会おうティンティン、だとよ。

マティーニ:・・・。そのあだ名で返事しそうになってる自分が怖いよ・・・。


【カニングシティー カニングシティー】

quest24e.jpg

マティーニ:ただいま。ちゃんと言われた通り緑キノコの傘とバブルリングのしずく50個ずつ集めてきたよ。

ネーラ:おおっ…思ったより早いじゃん?私の目も確かだわ~。よし!依頼を無事に解決してくれたからお礼をしなくちゃね。

マティーニ:わーい♪美味しい食べ物だったらいいな・・・♪

ネーラ:マパさんからレモンをいっぱい貰ってきたから、ほら~。

quest24.jpg

マティーニ:レモン50個も・・・。なんか口の中酸っぱくなってきた・・・。

ペンネ:食べ物で良かったな。

マティーニ:確かに食べ物だけど・・・さすがにレモン50個はちょっとね・・・。

ネーラ:他の依頼に興味があるならまた来てね。この村には助っ人が欲しい人ならたんまりいるからね~。

ペンネ:じゃあ、さっそく次の依頼を紹介してもらおうぜ。

マティーニ:ええっ?まだやるの?ボクちょっと休憩したいんだけど・・・。

ペンネ:ふむ・・・そうだな。少し休憩するか。

マティーニ:わーい♪じゃあ夕焼け見ながらご飯食べようよ♪

ペンネ:いいだろう。そっちの階段を上がったところに見晴らしのいい場所がある。そこにしようぜ。

マティーニ:うん♪

quest24f.jpg

ペンネ:そこのハシゴを登れば到着だ。滑りやすいから足元に気をつけろよ。

マティーニ:うん・・・あれ?あんなところに人がいるよ?何してるんだろう・・・。

ペンネ:かくれんぼでもしてるんじゃないのか?

マティーニ:それにしては悲しそうな顔してるよ?ちょっと聞いてみよう。

アレックス:家を出てもう1ヵ月か、もうこんな生活にはうんざりだな。だけど、このまま家に帰るわけにはいかないし…。

quest24g.jpg

マティーニ:おーい、そこの君ー!そんなところで何やってるのー?

アレックス:う~ん…ちょっと僕の話を聞いてくれ。

マティーニ:いいよ。どうしたの?

アレックス:以前、頑固な父とケンカして家を出てしまったんだ。それでカニングシティーでぶらぶらしているんだよ。こんな生活もそろそろうんざりでね、家から密かに持って来たお金もすべて無くなったし…。家出したことを今は少し後悔しているんだ。

マティーニ:家出かぁ・・・大変だねぇ。

アレックス:このまま何もなかったように家に戻るのはちょっと難しそうでさ…悪いんだが、僕が家に帰れるように親父を説得してくれないか?このまま帰れば間違いなく半殺しにされるよ…。忙しそうだが、なんとか僕を手伝ってくれ。

ペンネ:お前のような不良は一度半殺しにされたほうがいいと思うぜ。

マティーニ:ペンネ、そんなこと言ったらかわいそうだよ。・・・よし、ボクが君のお父さんを説得してきてあげるよ♪

アレックス:ありがとう!僕の親父はヘネシスの長老スタンという人物さ。長老だから凄く厳しいんだ。僕では話が通じないから、代わりに説得してくれよ…いいかい?親父は気むずかしいから素直に言っても聞いてはくれないだろうけど、何とか頼むよ。

マティーニ:・・・うん、わかった。ちょっと怖いけど、頑張ってみるよ。

アレックス:親父を説得したら、証拠に親父の金時計を持ってきてくれ。その金時計はお母さんの形見でね、僕には絶対あげないといつも言われていたんだ。

マティーニ:お母さんの形見の金時計かぁ・・・他人のボクなんかに渡してくれるかなぁ?

アレックス:なかなか渡してくれないとは思うけど頑張ってよ。ここで待っているから早く帰って来てくれ。

マティーニ:じゃあ、ご飯を食べた後に会いに行ってみるよ。もしだめでも怒らないでね。

ペンネ:お前もめんどくさいことに首を突っ込むやつだな。あんなガキは一度痛い目にあったほうがいいんだぜ?

マティーニ:でも、家出したことを後悔してるみたいだし・・・。なんか放っておけなくなったんだ。

ペンネ:・・・まぁいい。とりあえず腹が減った。飯にしようぜ。

マティーニ:・・・うん。

quest24h.jpg



(* ̄∇ ̄)っ【つづく】

oマーチテンoさんは実際に上の小説のような人です。一応、日本語による会話も可能なハイスペックです。メイポ内で見かけたら会話のキャッチボールをしましょう。
スポンサーサイト


↑ ここをクリックすると、マティーニがどんどん成長します・w・

コメント
この記事へのコメント
oマーチテンoは実際、上の小説のような人です。
一応、日本語による会話も可能なハイスペックです。メイプルで見かけたら、会話のキャッチボールをしましょう。
2009/01/26(月) 08:00:33 | URL | てんちん #aReeLJcY[ 編集]
希望通りつけ加えといたよ・w・
2009/01/27(火) 20:58:20 | URL | 彡 #-[ 編集]
なんだかoマーチテンoさんと会話したくなってきますねw
2009/10/28(水) 17:29:46 | URL | ロードOF THE知恵 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。