スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↑ ここをクリックすると、マティーニがどんどん成長します・w・

第9話 ギルド【夢叶えるまで】加入
2009年02月21日 (土) | 編集 |
【航海中 船室<オルビス行き>】

quest9.jpg

マティーニ:ねぇねぇ、ペンネ。ちょっと聞いていい?

ペンネ:なんだ?言ってみろ。

マティーニ:今ボク達が向かってるオシリア大陸ってさ、どんなところなの?

ペンネ:オシリア大陸は、かなりでかい大陸だ。大きく分けると、エルナス山脈、アクアロード、ルダスレーク、リプレ、武陵桃源、ニハル砂漠・・・といった具合になる。俺達が向かっているオルビスという町は、エルナス山脈に含まれるんだぜ。

マティーニ:ひぇぇ・・・。多すぎて覚えきれないよ・・・。外の世界って広いんだねぇ。

ペンネ:そうだな。オシリア大陸以外にも、まだジパングとか中国もあるしな。

マティーニ:いつか全部回ってみたいなぁ。それでさ、オルビスはどんな町なの?

ペンネ:雲の上に建てられた町で、主に妖精達が住んでいる。お前の気に入りそうな町だ。

マティーニ:ほんと!?わぁ~楽しみになってきた。ワクワク♪

ペンネ:観光に行くわけじゃないんだからな。用が済んだらすぐ戻るぞ。

マティーニ:ちぇっ。ケチ。

ペンネ:お前がもう少し強くなったら、嫌でも滞在することになるんだ。その時まで我慢しろ。・・・ん?どうやら船が着いたらしい。降りるぞ。

マティーニ:お土産ぐらいは買わせてね?

ペンネ:わかったからさっさと来い。置いてくぞ?

マティーニ:ちょっと待ってよ!・・・もう、ペンネはせっかちだなぁ。


【オルビス オルビス】

quest9b.jpg

マティーニ:うわぁ~!綺麗な町だねぇ!青い空に白い雲・・・ボク、ここに住みたい!

ペンネ:バカなこと言ってないでさっさと来い。こっちだ。

マティーニ:いつか大人になって、もっと強くなって稼げるようになったら、ここに引越ししよう・・・あっ!女神様の像があるよ!女神様って綺麗だな~♪・・・綺麗な女神様。ボクに幸せな人生を授けてください。

ペンネ:・・・全然聞いてないようだな。

【オルビス 出会いの丘】

quest9c.jpg

ペンネ:着いたぞ。この建物はギルドの本部になっている。ここで今日お前に入ってもらうギルドのマスターと待ち合わせしてるんだ。

マティーニ:ほぇ~。なんかすごい建物だねぇ・・・羽根が生えてるし、真ん中で大きな石が光ってるし、なんだか天使みたい。どうやって作ったんだろう・・・。

ペンネ:この辺りは魔法文化が発達しているからな。その力を使って作っているんだろう。外にいるモンスターも魔法を使ってくるぐらいだ。さぁ、そろそろ中に入るぞ。

マティーニ:あっ、ペンネ!ここから上の方にワープできるよ!わーい!

ペンネ:おい、何やってんだ。遊んでないでさっさと中に入れ。

マティーニ:あっかんべーだ!悔しかったらここまで来てみなよ♪

quest9e.jpg

ペンネ:・・・いい加減にしろ!人を待たせてるんだぞ!ふざけてないでさっさと中に入れバカ野郎!

マティーニ:・・・ちぇっ。しょうがないなぁ。そこまで言うなら中に入ってあげるよ。えへへ♪

ペンネ:・・・。(明日の朝、目潰ししてやるからな。)


【オルビス ギルド本部<英雄の殿堂>】

quest9g.jpg

闇Martin騎:お?やっと来たんか。えらい遅かったけど、何しとったん?

ペンネ:待たせてすまなかったな。こいつが入口で遊びまわってくれたせいで遅くなっちまったぜ。ほら、お前も謝れ。

マティーニ:遅くなってごめんなさい。

闇Martin騎:ええよ、気にしやんとき。君やんね?うちのギルドに入りたいって子は。名前なんて言うん?

マティーニ:マティーニって言います。

闇Martin騎:そっかそっか。うちはMartin言うねん。まーちゃんって呼んだってな。しっかし自分、わっかいなぁ・・・年いくつよ?

マティーニ:13歳だよ。

闇Martin騎::・・・まじで?うそやろ?どう見ても小学生にしか見えへんで?サバ読んでんちゃうの?

ペンネ:いや、こいつは本当に13歳だ。まぁガキっぽいしバカだから、そう思うのもムリはないがな。

マティーニ:ふん!どーせボクはガキだしバカだよ!

闇Martin騎:あぁ、ごめんなぁ。怒らせるつもりはなかってん。・・・んで、そろそろ面接したいんやけど、ええかな?

マティーニ:ええっ!?面接!?そんなの聞いてないよ?

ペンネ:そんなにオドオドするな。聞かれた質問に適当に答えときゃいいんだよ。

闇Martin騎:あほか!一応ちゃんとした面接やねんから、真面目に答えてもらわなあかんで。準備ええか?

マティーニ:・・・はい。

闇Martin騎:よっしゃ。んじゃ行くで。こっちから聞きたいことは1つだけや。・・・マティーニの「夢」って何や?

マティーニ:夢・・・ですか?う~ん・・・とりあえず、今朝見た夢は最悪だったよ。あぁ・・・思い出したくないことを思い出しちゃった・・・。

quest9f.jpg

闇Martin騎:ちゃうちゃう。そっちの夢やない。うちが聞いてるんは将来の夢の方や。

マティーニ:あぁ、そっちの夢か。ボクの将来の夢は・・・なんだろう?いっぱいありすぎて決められないや。えへへ♪

闇Martin騎:ふんふん。とりあえず一個でもええから言うてみ。

マティーニ:ん~と、じゃあさっき思ったことでもいい?

闇Martin騎:もちろんええよ。どんな夢や?

マティーニ:えっとねぇ、オルビスはすっごく綺麗な町だから、いつか一人前の海賊になれた時に、ここに住もうかなって思ってるんだ。

闇Martin騎:ふんふん。じゃあ、その夢を叶えるためにはどうすればええのん?

マティーニ:う~ん・・・そうだなぁ。とりあえず、このまま頑張って修行の旅を続けて、もっと強くなって、いっぱい稼げるようになればきっと叶えられると思うよ。

闇Martin騎:もし修行の旅が辛くなっても諦めへん?

マティーニ:う~ん、諦めるかもしれな・・・あいたっ!ペンネ!急に何するんだよ!?

ペンネ:・・・。(ここは諦めないって言っておけ。)

マティーニ:・・・。諦めません。

闇Martin騎:よっしゃ。合格や。うちのギルドに入れたる!マティーニの夢、応援したるで!

マティーニ:ほんと?やったぁ!なんかよくわかんないけど、ボクは合格なんだよね!嬉しいなぁ♪

quest9h.jpg

闇Martin騎:これでマティーニはうちらの仲間やで。よろしゅー頼むわな♪ところで、うちんとこのしきたりで新人さんには必ずあだ名を決めることになってんねんけど・・・呼んで欲しいあだ名とかある?

マティーニ:あだ名かぁ・・・そういやあだ名で呼ばれたことって一度もないや。

闇Martin騎:じゃあうちらが決めたらなあかんな。マティーニのあだ名。何がええやろか・・・。

マティーニ:普通にマティーニでいいよ?ムリして決めなくても・・・。

闇Martin騎:あかん!これは大事なことなんや。あだ名のこと愛称って言うやろ?あだ名で呼び合うことで、お互いに親愛の気持ちを持って接することができるんやで。

マティーニ:そうなんだ。じゃあ、かっこいいあだ名にしてね。

闇Martin騎:マティーニ、マティーニ、マティーニ・・・。せやなぁ・・・マティーニの「ティ」を取って、「ティンティン」ってのはどうや?なかなか渋いやろ?

マティーニ:ちょ、それはだめだよ!なんか教育に悪そうだもん!他のにしてよ!

闇Martin騎:あかんか~。けっこう良い線いってると思ってんけどなぁ・・・。じゃあ「ティンティーン」・・・あかん。これじゃさっきのを伸ばしただけやし・・・。

マティーニ:・・・。(この人の名付けセンス最悪だ・・・。)

ペンネ:マティーニといえば、カクテルの王様と同じ名前だな。確か、ジンとベルモットを3~4:1の割合で混ぜて作る辛口のカクテルだ。本場ではマルティーニと呼ばれることが多いらしい。

マティーニ:それ、前にも聞いたような・・・あっ、そういやあの人が言ってたっけ・・・。

quest9f.jpg

マティーニ:はぁ・・・。

闇Martin騎:ふんふん・・・おっ?ええの思いついた!マルティーニの「ルティ」ってとこ取って、「るってぃ」はどうや?これなら文句ないやろ?

マティーニ:さっきのよりは全然ましだね。それなら我慢できるかな。

闇Martin騎:よっしゃ!じゃあ「るってぃ」で決まりや!これからうちのギルドの中ではそのあだ名で呼ばせてもらうわ♪よろしく頼むで、るってぃ♪

マティーニ:はーい。よろしくね。まーちゃん。

ペンネ;どうやら無事に加入できたようだな。さて、ここでの用も済んだし、そろそろ帰らせてもらうぜ。

マティーニ:えっ?もう帰っていいの?

闇Martin騎:せやな。他にも色々説明しときたいことあってんけど、それはペンネに任すわ。

ペンネ:わかった。しっかり説明しておくから安心していいぞ。今日はありがとな。じゃあまた会おうぜ。マティーニ、行くぞ。

マティーニ:うん。じゃあまたね☆

闇Martin騎:るってぃもペンネも気ぃつけて帰るんやで!ほな元気でな~♪


【オルビス オルビスチケット売場】

quest9i.jpg

マティーニ:・・・。お土産なんにも売ってなかった・・・。

ペンネ:外で狩りができるようになれば、良い土産が手に入るんだがな。お前にはまだムリだ。諦めろ。

イフ:私は各地域に行く船のチケットを売っています。どのチケットを購入しますか?

マティーニ:ビクトリアアイランドのエリニアです・・・。

イフ:ビクトリアアイランドのエリニア行きの船は15分度に出発で、運賃は3000メルです。本当にエリニア行きのチケット(子供用)を購入しますか?

マティーニ:・・・。また3000メル取られるんだ・・・。はぁ・・・。今回の旅は出費がひどいなぁ・・・。

ペンネ:メルがなくなって動けなくなった時は、ギルドの奴らが助けてくれる。安心しろ。

マティーニ:ほんと?じゃあさ、ケーキ食べ放題に行きたいって言ったら連れてってくれるかな?

ペンネ:さぁな。運が良ければ連れてってもらえるんじゃないか?

マティーニ:やったぁ!ボク、ギルド入って良かった♪さっそく今度聞いてみるね!

ペンネ:ギルドを紹介した俺に感謝しろよ。さぁ、船も来たようだ。さっさと帰ろうぜ。俺は腹が減っているんだ。

マティーニ:うん!今日は楽しい一日だったね♪今度またここに来ようね!

ペンネ:ああ。お前が二次転職を終えた頃にな。

quest9j.jpg



(* ̄∇ ̄)っ【つづく】
スポンサーサイト


↑ ここをクリックすると、マティーニがどんどん成長します・w・

コメント
この記事へのコメント
がんばれティンティン!
2009/01/04(日) 23:26:18 | URL | ウサビッチ #-[ 編集]
応援してます!
2009/09/18(金) 14:50:18 | URL | 知恵の神 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。