スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↑ ここをクリックすると、マティーニがどんどん成長します・w・

第8話 航海中のお約束
2009年02月14日 (土) | 編集 |
【ノーチラス 寝室】

quest8.jpg

マティーニ:う~ん・・・。う~ん・・・。

○○○:大丈夫かい?さぁ、こっちにおいで。優しくしてあげるよ・・・。

マティーニ:ん~・・・!ん~・・・!

○○○:・・・恥ずかしがり屋さんなんだね。あはは。かわいいなぁ・・・さぁ、おいで。

マティーニ:う~・・・!う~・・・!

ペンネ:おい、早く起きろって。飯が冷めちまうぞ?

マティーニ:・・・はっ?あれ?・・・海月さんは?

ペンネ:・・・お前何寝ぼけてんだ?ずいぶんうなされてたが、悪い夢でも見てたのか?

マティーニ:・・・ううん、大丈夫。なんでもないよ。はぁ~・・・トラウマになりそう。

ペンネ:なんのことだ?とりあえずさっさと食堂行こうぜ。俺は腹が減っているんだ。

マティーニ:うん。あんまり食欲ないけどね・・・。


【ノーチラス 食堂】

quest8a.jpg

ペンネ:タンユン、マティーニを起こしてきたぞ。

タンユン:ごくろうだったな。報酬のふぐ刺しだ。

ペンネ:おう。もらっておくぜ。むしゃむしゃ。

タンユン:おはようマティーニ。

マティーニ:おはよう。

タンユン:ん?どうした?元気がないようだが。

マティーニ:大丈夫。元気元気。

タンユン:クム・・・昨日は帰ってくるのが遅かったから、きっと疲れているんだな。しっかり朝ご飯を食べて元気出すんだぞ。

マティーニ:は~い。

ペンネ:むしゃむしゃ・・・マティーニ、今日はお前をあるギルドに所属させる手続きをしに行く。少し遠出になるが我慢しろよ。

マティーニ:別にいいけどさ、ギルドって何?

ペンネ:同じ目的を持った奴らが集まって作る団体のことだ。今後お前がクエストをこなしていく時に、色々と役に立つと思って所属させることにした。

マティーニ:そうなんだ。でも、ギルドって知らない人達ばっかりだよね・・・緊張するなぁ。

ペンネ:確かに最初は緊張するだろうが、次第に慣れてくる。気にするほどのことじゃない。

マティーニ:・・・騙されたりしないよね?

ペンネ:それはお前次第・・・と言いたいところだが、俺が今日連れて行くギルドは人を騙すような奴はいない。安心しろ。

マティーニ:・・・うん。わかった。

ペンネ:じゃあ飯も終わったし、そろそろ行くぞ。もたもたしてると日が暮れちまうからな。

マティーニ:おっけー。タンユンごちそうさま。行ってくるね。

タンユン:クム。気をつけてな。


【ビクトリアロード エリニアステーション】

quest8b.jpg

ジョエル:私はオシリア大陸のオルビスステーション行きチケットを売っています。オルビス行きの船は15分度に出発していて、運賃は3000メルです。本当にオルビス行きのチケット(子供用)を購入しますか?

マティーニ:3000メルも・・・高いなぁ。はぁ~・・・。

ペンネ:早くしろよ。今来てる船に乗り遅れたら、次の船が来るまで15分も待たないといけないからな。

マティーニ:・・・チケット買ったよ。これでいいんでしょ?・・・ふん。

ペンネ:何を怒ってるんだ。さっさと乗ろうぜ。


【航海中 オルビス行き】

quest8e.jpg


マティーニ:う~ん、いい眺めだねぇ♪空飛ぶ船なんてボク初めてだよ。風が気持ちいい♪

ペンネ:一応、ノーチラス号も飛べるぞ。

マティーニ:でも、あの船は潜水艦だからさ。あんまり外に出れないんだよね。カイリンも潜水艦なんかじゃなくて、こういう船にすればよかったのに。

ペンネ:バカ言うな。俺達は海賊なんだぞ。もしこんな船に乗ってたら目立ちすぎるじゃねぇか。

マティーニ:まぁ、それもそうだね。・・・ねぇねぇ、上の見張り台まで行ってみようよ。きっとすごく気持ちいいよ♪

ペンネ:いや、そろそろ船室に入った方がいいぞ。

マティーニ:やだなぁ、何言ってるんだよペンネは。こんなに晴れてて気持ち良い日の航海なんだよ?船室に入って過ごすだなんて勿体無いよ♪

ペンネ:いや、危ないからやめておけ。

マティーニ:危なくなんてないよ♪一応これでも海賊なんだし、船から落っこちたりなんてしないから♪

ペンネ:いや、そういうわけじゃなくてだな・・・おい、待てって!

quest8f.jpg

マティーニ:うわぁ~すっごいねぇ!いい眺めだねぇ!ほら、ペンネも見てみなよ!ビクトリアアイランドがもうあんなに小さくなってるよ!

ペンネ:わかったから、さっさと船室に入れって!

マティーニ:あっ!ねぇねぇ、ノーチラスが見えるよ!手振ったら気付いてくれるかな?おーい!やっほー!

ペンネ:おい!俺の話を聞けよ!もうそろそろ・・・!?

マティーニ:やっほー!見て見てペンネ、あそこに鳥さんがいるよ!おーい!鳥さんたちー!どこ行くのー?















quest8g.jpg

マティーニ:鳥さんが・・・逃げてっちゃった。

ペンネ:大バカ野郎・・・。だからさっさと船室に入れって言ったんだ。この船はたまにレッサーバルログ達に襲撃されるから、外に出てると危ないんだぜ。

マティーニ:もっと早く言ってよね・・・。


【ビクトリアロード エリニアステーション】

quest8h.jpg

ジョエル:私はオシリア大陸のオルビスステーション行きチケットを売っています。オルビス行きの船は15分度に出発していて、運賃は3000メルです。本当にオルビス行きのチケット(子供用)を購入しますか?

マティーニ:・・・。ううっ・・・。また3000メル取られちゃった・・・。

ペンネ:自業自得だ。ちゃんと俺の話を聞かないお前が悪い。ほら、さっさと乗れよ。次はちゃんとすぐに船室に入るんだぞ。

マティーニ:・・・。ボク、もう旅やめたいよ・・・。

quest8i.jpg



(* ̄∇ ̄)っ【つづく】
スポンサーサイト


↑ ここをクリックすると、マティーニがどんどん成長します・w・

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。