スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↑ ここをクリックすると、マティーニがどんどん成長します・w・

第3話 踏み出した第一歩
2009年01月10日 (土) | 編集 |
【ヘネシス 豚農場】

quest3.jpg

ペンネ:ほら、着いたぞ。

マティーニ:うわぁ・・・すんごいたくさんいる・・・。さすがにこんだけ多いとかなり臭うね・・・。

ペンネ:それぐらい我慢しろ。嫌ならさっさと課題をクリアして帰るんだな。

マティーニ:うん。そうするよ。・・・でもここって農場でしょ?このピグ達は家畜じゃないの?勝手に狩ったらまずくないのかな・・・?飼い主にバレだら大変なことに・・・。

ペンネ:安心しろ。大変なことになった奴なんて今まで一人もいない。細かいことは気にするな。

マティーニ:・・・ペンネを信じるよ?よ~し、今度は死なないように気をつけるぞっ!

quest3a.jpg

マティーニ:おっけー!ピグ11匹退治完了!ボクだってやればできるんだ!

ペンネ:安置から銃を打ってただけのくせに・・・。おめでたいやつだな。

マティーニ:初陣だったんだから、ちょっとぐらい勝利の余韻にひたらせてくれてもいいじゃないか~。

ペンネ:気がすんだならさっさと戻ろうぜ。ほら、これを使え。

帰還の書(ノーチラス)

マティーニ:・・・何これ?帰還の書?これを使えって・・・使ったらどうなるの?

ペンネ:お前ほんとめんどくさいやつだな!いいから使えよほら!ポチポチッ!

マティーニ:ああっ、何するのさ!うあああああぁぁぁぁぁっ!


【ノーチラス船着場 ノーチラス】

quest3b.jpg

マティーニ:・・・ハッ!?ここは・・・ノーチラス号の真上だ!もしかして、ワープしたの?

ペンネ:そういうことだ。次回から帰還書ぐらいは使いこなせるようになっとけよ。

マティーニ:うん!もう覚えたから大丈夫だよ!ペンネって色々知ってて頼りになるなぁ。

ペンネ:だろ?俺は頭が良いんだ。お前より数億倍な。もっと尊敬しろ。

マティーニ:うん!心の中で尊敬しておくからね!じゃあカイリンのところに行こう。


【ノーチラス 航海室】

quest3c.jpg

マティーニ:失礼します!マティーニただいま戻りました!

カイリン:あら。遅かったわね。ちゃんと課題はクリアできた?

マティーニ:もちろんですよ!あんなの楽勝でしたよ!

ペンネ:・・・。(一回死んだくせに。調子がいいやつだな。)

カイリン:ピグ 11匹を倒してきたのね。さすが!でもこの程度で満足してちゃ、まだまだ強くなれないわよ。これでやっと海賊としての第一歩を踏み出せたところなんだから。

quest3d.jpg

マティーニ:はい。これからも頑張ります!

カイリン:これは課題をクリアした報酬よ。持って行きなさい。

マティーニ:赤い薬30個と青い薬30個・・・。こんなにたくさんもらえるなんて、うれしいなぁ。でも、食べ物のほうがよかったなぁ・・・。

カイリン:文句を言わない。私はまだ優しい方よ。外の世界にはもっとケチな人がたくさんいるんだから。

ペンネ:ショーワのうみいとかポニチャイが有名だな。

カイリン:あら、ペンネじゃない。あなたがマティーニを手伝ってくれていたのね。助かるわ。

ペンネ:なかなか苦労したぞ。帰還書も知らないなんて、さすがに無知すぎるぜ。

マティーニ:無知だなんてひどいなぁ・・・これでもボクなりに頑張ったほうなんだよ?

カイリン:あら、無知は悪いことじゃないのよ?そこから全く新しい物が生まれることだってあるんだから。

ペンネ:そうだ。別にお前のことを悪く言ったつもりは少ししかない。

マティーニ:微妙な言い方だね・・・。まぁいいや。今日はありがとう。ペンネのおかげで助かったよ。

ペンネ:おう。気にするな。お前が強くなった時に、お前の稼ぎで俺を養ってくれたらそれでいい。

マティーニ:うん。頑張ってみるよ。だから・・・これからもよろしくね!

ペンネ:おう。よろしくな。

カイリン:とりあえず今回はここまで。また修行が必要そうだったら、声をかけるわ。その時まで、修行を怠らないようにね。

マティーニ:はーい♪

quest3g.jpg



(* ̄∇ ̄)っ【つづく】
スポンサーサイト


↑ ここをクリックすると、マティーニがどんどん成長します・w・

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。